*

キャッシングに必要な書類と審査について

キャッシングの申込は、まず店舗で、申込用紙に所定の事項を記入したうえで、本人確認及び収入証明の書類を添えて提出します。
本人確認は運転免許証がベストですが、免許証を持っていない場合は、健康保険証がいいでしょう。
収入証明は、企業や役所に勤めている場合は、給与明細と源泉徴収票、自営業の場合は確定申告書になります。
店舗でなく、ネットや携帯から申し込む場合は、入力画面の必要事項を入力したうえで送信し、書類はFAXやアプリを利用して送ります。
その後審査が行われます。
これは、キャッシング分の返済能力があるかどうかを観るもので、収入に加え、他社からの借入や、クレジットカードの支払で延滞がないかもチェックされます。
延滞が一定期間以上続いた場合は、審査で落とされることもあります。
また、消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1以上を借り入れることができません。
従って、もし他社からの借入があり、総額が年収の3分の1を超えた場合には、新規のキャッシングはできなくなりますので、注意が必要です。
銀行個人融資については銀行個人融資GK84



コメントする