*

自己破産のメリット・デメリット

始めに、一般の人が破産を申告するまでの間は負債のある人へ対する電話を使う返済請求と、債務者当人の家宅への直接訪問での収集は法律違反とはならないということになります。

そして、破産の作業に入ってから請求までに無駄な時間がかかるケースには債権保有人は強硬な徴集をする可能性が高くなります。

債権保有者サイドからすると債務の清算もされないでさらに自己破産のような正式な作業もしないといった状態であると組織の中での完了処理をすることができないのです。

他にも債権者の一部には法律屋に結びついていないと気づくと、かなり無理矢理な集金行為を繰り返してくる業者もあります。

司法書士の人や弁護士法人に助力を求めた場合には、各々の債権保有人は負債者に直接徴集を続けることができません。

SOSを把握した司法書士法人あるいは弁護士の担当者は請け負った旨の通達を各取り立て会社に送ることになり各債権者がその文書を手にとったときから返済者は債権者からの乱暴な取り立てから解放されるのです。

業者が勤め先や故郷へ訪問しての取り立てはガイドラインによって禁止されています。

貸金業として登録済みの企業ならば勤め先や親の家へ行っての徴集は法律に抵触するのを知っているので違反だと言えばそのような返済要求を続行することはないと言っていいでしょう。

破産に関する申し立ての後は当人に対する徴集を含めて、例外なく取り立ては禁じられます。

よって取立人からの集金行為がすべてなしになるということです。

しかし、ときどき違法と分かっているのに接触してくる取り立て屋もいないとは断言できません。

貸金業であって登録が確認できる会社であれば、破産に関しての申し立て後の取り立てが借金に関する法律のガイドラインに抵触するのを知っているので、法に反していると伝達すれば、そういう収金を続けることはないと言えます。

とはいえ、法外金融という通称の不許可の取立人に関しては予測外で、危険な返済要求などが理由の被害事件が増加し続けている状況です。

法外金融が取り立て屋の中にいるかもしれない場合には必ず弁護士の会それか司法書士法人などの専門家に頼むのがいいと考えます。


コメントする