*

借金を減らすには

新聞の広告、ゴシップ新聞、電話ボックスに見られる広告やDMで、「借金の整頓やります」「多重債務を集約しましょう」という宣伝を見かけることが多いです。

そういったものは、「整理屋」「買取屋」「紹介者」という名の会社の宣伝の場合があります。

使用した場合には自己破産申請フローの中で最重要な免責承認を受け取れないパターンがあります。

「片付け屋」というのは、宣伝などで負債者を呼び出し、手数料を出させて債務整理をするのですが、現実には借金整理は行われないまま、依頼者は一層の借金地獄に陥ってしまうことがほぼ全部と言ってよいでしょう。

「買取専門屋」では負債者のクレジットカードで家電、コンサートの利用チケットをたくさん仕入れさせ、当人から買った商品を買った値段の10%から額面半額で受け取るという手法です。

債務人はその瞬間は小金が手に入りますが、カード企業による購入品の売値の督促が届き、負債額を増大させる結果になります。

この場合はクレジットカード業者相手の犯罪行為ということになり免責を受けられなくなります。

「つなぎ屋」というのは有名なサラ金から借りられなくなった負債人について直接の融通は全くせずに、融通をしてもらえる異なる店を教え、常識外の紹介料を受け取る業者です。

高度な努力で融資してもらったように会話しますが本当のところは何もしていなくてシンプルに調査の緩やかな会社を分かっているというだけです。

本当は債務を悪化させる結果となります。


コメントする